IT系の転職と言うか就職と言うか

ここ最近、転職の知識を色々集め中。転職エージェントに会ったり、本読んだり、詳しそうな人に聞いたり。
まずは、自分が望むものを整理したので、一覧にする

・IT系のお仕事をしたい
・技術屋なのでやはりコーディングしたいし、設計したい
・残業は少なめがいい。上限30時間程度が理想
・完全週休二日制
・年収は今より下がっても良い(350万〜400万でも良い)
・転勤なし。勤務地は首都圏ならどこでもよい

こんなところか。
で、エージェントさんと上みたいな話をしていたら予想通り
「社内SEか自社サービス開発」
と言われた。転職エージェントから来る求人情報をもとに
この両者について自分なりに整理してみた。

○社内SE
一口に社内SEと言っても大きく2種ある。
<どんなことをするのか>
①経営貢献という位置づけでシステムの企画・立案をする。開発はせず、その会社の情報系子会社(いわゆるユーザ系子会社)に任せる、もしくは外注に依頼する。開発フェーズでは、ベンダーコントロール等も担う。
②社内システムの企画・立案・開発・保守運用すべてを担う。上記で外注に担う部分をすべて自社で実施する。
僕がやりたいのは②の方。①なんてまっぴらごめんwww

<どんな企業があるのか>
今の時代、業務はほとんどIT化されているため、どの会社にも社内SEは存在する。大きな会社だと情報システム部門が組織化されているが、小さい会社だと知ってる数人が細々とやっている。時代なのか、結構求人は多い。
大きい会社ほど開発は外注と思ったが、意外とそうでもなく、CMとかやってる会社とかも内製化している会社が多い。しかも、そこまで忙しくもなさそう。おそらく納期とかに追われることもなく、ある程度自分たちのペースで進められるからと推測される。

○自社サービス
<どんなことをするのか>
その名の通り、自社でコンテンツを企画・立案し、システム化し、利益を生み出す企業のこと。外注等は基本的になく、すべて自分たちでこなす。

<どんな会社があるのか>
自社サービスって言うとメインどころがインターネットのイメージだが、求人見てると「自社サービス=ソフトウェア製品全般」ということなのだろう。つまり、Web上に展開されるコンテンツ以外のすべてのソフトウェア製品。例えば業務用パッケージとかスマートフォンアプリとかそういうのも含まれるのかな、と思った。多分結構忙しいだろうな、と思った。競争が激しいから、すごいサイクルで新規サービス、機能追加をリリースしているのだろうな、という印象。ほんとに立ち上げたばかりの会社は経営基盤が確立できていないから、開発サイクルが早く、忙しいのだろうけど、ある程度基盤が出来上がっている会社はそうでもないのかな?と思った。


さて、まぁ色々書いてきましたが、待遇面とか安定性とか考慮に入れると社内SEの②が一番よいのかな、と思った。自社サービス系は魅力的だが、競争が激しく明日どうなっているかわからない世界。個人的には安定性はある程度重視したいので、自社サービスは次点かな。
でも自社サービスで色々技術学んで、より待遇の良いところに行く、とかそういうのもいいかなとも思ったけど、、、悩むねえ