Web上にある各議員の政策情報が少なくて誰に投票していいか判断に困る件

 僕は各政党の公約や自分が住んでいる選挙区の立候補者の政策を大まかにチェックしたうえで投票に行きます。今回の衆議院選も例にもれずチェックしたうえで投票をしてきました。そうです、期日前投票です。

 僕が選挙に関する情報を集める際に使うのはほぼインターネットです。テレビや新聞は2次情報が多い故、判断材料にするのは危険です。テレビ、新聞の1次情報として政見放送や新聞に挟んである公報などありますが、あれだけではさすがに情報として粗すぎる。それに新聞に挟んである公報と同じものはWebからの入手できますしね。あと、演説とか討論会とか行けばよいのですが、残念ながら平日などに行われていることが多く、仕事と被っていていけません。

 もう少し踏み込むと各政党や候補者のWebサイト中心で、情報が断片的になりがちなTwitterfacebookなどのSNSはあまり参考にしていません。Webサイトはそれなりに細かい情報量が多く、また、一つのページにまとまっているので、わかりやすいです。一方SNSは情報が断片的で変に誤解を生んでしまいます。また、知り合いのほかの投稿なども流れてくるため、情報が埋もれてしまい、わかりにくくなってきます。

 さて、Webサイトを見ていてインターネット上にある政策の情報、特に各候補者の政策情報はあまりにも少なすぎるのでは?と思いました。政党に関しては、それなりに情報はありますので、そっちはそっちでいいんですがね。インターネット上での選挙活動が認められてから4年半経過します。したがって、もっと情報が溢れていてもよいのではないかと思っていますが、4年半たってもあまり変わらないなぁという印象です。もちろん政党、候補者によりけりですが、ここまで差が開くものなのかなとも思います。

 住んでいる地域がたまたまなのかな、と思ったので、自分が住んでいる地域以外の候補者のWebサイトを覗いたところ、あー少ないなぁやっぱりという感じです。胸に響かないどころか、やる気あんのかこいつ、とも思ってしまいました。中にはWebサイトすらない候補者も(準備期間が短かったのかな?)。ちなみにページの一番下に僕がWebサイトを見た候補者とそれぞれの簡易講評を書いたのでもしよければ見てください。

 一部の候補者については、SNSも見ましたが、地下アイドルのライブ宣伝のごとく、演説の活動報告ばかりで有用な情報は得られず。ほかにも演説の応援者との写真とかそういうのばかり。確かに見た目の印象ってのは重要なんだけども、政治家なんだから、政治理念、具体的な政策っていうので戦うべきです。

 これは私見ですが、これからの選挙はSNSで情報発信だ!と言ってSNSを使いまくってる政治家はその長所である「簡易」かつ「即時」な点の短所をあまり理解できていないのではないでしょうか。簡易という点では、情報が十分に載せられず、薄っぺらくなりがちです。特に某Twitterなんかは字数制限があるので断片的にもなります。また、即時という点においては考えなしに情報を発信して、有権者の信用を失墜します。

 上記私見に基づくと、ある程度の情報量がまとまっておりかつ永続的に信頼ある情報を発信する、という意味ではWebサイトやブログなどテキストベースのものが一番と思います。使い方よくわからないなら、パワポ作ってそのpdfでもアップすればよいです(スマートフォンでは見にくいですけどね)。今回見た候補者の中に動画だけ挙げていた候補者いましたが、あれはよくないですね。通勤通学中に聞くには通信容量食うし、文章として残ってないからあとで見返すのもやりづらいです。個人的には門前払い。

 よく選挙に行こう!みたいなのよく見ますけど、あれは選挙(で自分が応援する候補者、政党に投票し)に行こう、ですので、投票先を判断するたえに情報を集める必要があります。現代では、新聞、テレビと同列でインターネットがあるわけで、ここがしっかりしていないとみな困ります。インターネットで充実させる情報ってのがWebサイトなわけです。SNSなんて簡易ツールなんで、発せられる情報も簡易なのです。そんなわけですので、SNSとかでガンガン印象操作しているけども、肝心の政策が見えてこない政治家は信用ができませんよね。

 インターネットが情報取得の主流になっている今「ネットで見れるまとまった政策情報」がないため、インターネットから情報取得している多くの有権者はどの候補に投票していいか判断に困っていると思います。そのため「よくわからないからテレビで有名なあの人にしとこ」とかなってしまうわけです。あと、新聞、メディアに踊らされてニュースでやってたから、あそこにしとこうとかそういうことになります。選挙っていうのは印象ではなく政策で選ぶべきなのに。(ちなみに筆者はそんな適当な感じで投票してませんので悪しからず。。。)

 この手の議論をすると世間の人は(大体老害)インターネットがすべてではないし、と声を荒げますが、僕はそこまで暇ではないので、スキマ時間で効率的に情報を得るためにインターネットを使っています。例えば選挙のために会社が休暇をくれるんだったら、演説とか討論会とか行ってもいいんですけどね。それは現実的ではないし、選挙にそこまでかけたいか、、、と言われるとなんだかなあという感じです(言ってることが矛盾してる気もしますが)

最後になりましたが、僕がこれを書いた目的は「Webサイト以外でインターネット上で政策の情報を得る方法があれば教えてください」です。僕が知らないだけで、Webサイト以上に有益なものがあるよ、ということだけかもしれませんので。

<以下僕が覗いた候補者たち。記載内容の是非はそれぞれの思想があるので、ここでは触れません>
あべともこ
http://www.abetomoko.jp/
⇒このチラシよく見るなあ。それ以外の具体的情報が見えてこないなぁ。やる気あんのかなぁ。目的、目標は書いてあるけど、手段が具体的に書いてないから信用できません

星野つよし
https://t-stars.com/
自民党の公約焼き直してるだけっぽい。あなた自身が成し遂げたいことはなに?目的、目標は書いてあるけど、手段が具体的に書いてないから信用できません

原てるお
http://hara-teruo.com/policy/
⇒全部動画かよ。テキスト、せめて公報でもいいからのせとけよ。てかスマートフォンで見るとき通信容量めっちゃ食うんですけど。やめてほしいんですけど。

林幹雄
http://www.hayashimotoo.jp/
⇒ぐぐっても先頭に出てこないワロスwwwやったこと書いてあるだけでこの人の政策わからないや

谷田川はじめ
https://www.hajime-yatagawa.com/
⇒地域の声を国会に届ける、というタイプね。具体的にビジョンが明確で、これまでも結果残してる。選挙区をさらに4つの地区に分割して考えてるのが良いね。この人になら投票してもよいなぁ。

鈴木けいすけ
http://www.suzukikeisuke.jp/
⇒政治的信念、考え方が明確に書いてある。それについて自分はこういう方法で実現する、というのも書いてある。ただ思ったので、政治的信念、考え方が情報過多なので、実現方法が薄っぺらく感じてしまう。もったいないパターン

中谷一馬
http://kazumanakatani.com/
⇒具体的にこういうことがしたいって書いてあってわかりやすい。応援する気になる。目標を達成するための具体的な手段も明確に書いてあり、信用できる。

小泉進次郎
https://shinjiro.info/
⇒見栄えはいいけど、情報がない。何を考えているかよくわからない。ちょっと幻滅。言っていることも自民党公約を抽象化してサマってるだけ

中古PCにlubuntu入れて利用してみた感じ

前回の続きです

結論から言うと、思ったよりいいですね。
欠点はCPUがすぐに熱くなることくらい(これはハードの問題だけど・・・)

プログラミング
Visual studio code使用。Rubyとかスクリプト言語書くならこれで十分すぎる。というか、人にあったエディタならなんでも良いです。vim使ったってemacs使ったって何でもよし

メーラー
Sylpheedを使用。これはlubuntuに元々入っていたから。Thunderbirdも入っていたのだけど設定が何故かうまくできなくて断念。使用感としては全く問題なし。

ブラウザ
google chrome。言わずもがなだけど、windowsとかと使用感全く一緒

やはりwindowsとかMacに比べて自分の好きなようにカスタマイズできるのが魅力ですね。デスクトップ環境を自分好みにできるのは大きい。

これはいずれメインPCもLinuxか・・・

中古PCにlubuntu入れてサブマシンにする

気づけばこのブログが始まって2年のようです。2年ブログやってて記事これだけかよっていう・・・

さて本題。

色々あって、WindowsでもMacでも持ち運びに支障がないハイスペックマシンを探してたんですけど高いなぁって。。。

ふと思ったのが

中古マシンカスタマイズして、ubuntu入れればよくね?てかそっちのがだいぶお得じゃない?

ということ。

少し前に秋葉原で買ってお家で眠っていた2010年くらいに出たThinkpad edge 11にlinux入れようかなって

メモリ8GB、SSD240GBにしたけど、CPU貧弱だし、その割にコーディングとかしたい。でもubuntuってlinuxの中でも結構重いのよね。

うーん・・・だったら軽量なubuntu入れて、OSが使うリソース極力減らせばええやんって思った
実はこの発想に至ったのは2017/5月号の日経Linuxなんだけどね。
(普段は買わないんだけど、表紙に惹かれて買ってしまった)
Amazon CAPTCHA

というかWikipediaにも専用のページあったという。。。
軽量Linuxディストリビューション - Wikipedia

ちなみに僕が入れたのはlubuntu。理由は特になくてなんとなく自分が慣れているubuntuに近いイメージがあったから。

で、ubuntuってWindowsMacにはない魅力があって、自分のカスタマイズできる範囲が大きいこと。デスクトップ環境もコマンド一つで簡単に入れられるし、アイコンとかも自分好みに変えられる。
お勧めのLinuxデスクトップ環境6選--「KDE」から「LXDE」まで - ZDNet Japan

ちなみに、ubuntuが重いのはこのデスクトップ環境。Unity使ってるならそりゃ重くなるわ。その一方、Xfceとかみたいに軽いデスクトップもあるので、自分のPCスペックと相談して自由に環境変えられる。
ubuntu重いといってもWindowsに比べりゃあ格段に軽いよ

とりあえずlubuntu使って色々遊んでみるけど、他のディストリビューションとか試して見ようかな。

ubuntu16.04にoracleインストールしたときのメモ

macosVirtualBox+ubuntu16.04し、そこにoracle12c入れたのでメモ。ハマったポイントは補足入れてますので参考までに。。。
基本的にはoracleのドキュメントどおりにインストール。詰まったところを中心に解説

http://www.oracle.com/technetwork/jp/database/enterprise-edition/documentation/db121linux-x64-ja-v10-1984264-ja.pdf

○3.3.2 Oracle Database 用 OS ユーザー作成
oracleユーザ作って、グループ作成して、って以下コマンドだけど、これドキュメントの間違いと思われる。
誤:useradd -u 1200 -g oinstall -G dba,oper,backupdba,dgdba,kmdba -h /home/oracle oracle
正:useradd -u 1200 -g oinstall -G dba,oper,backupdba,dgdba,kmdba -d /home/oracle oracle
useraddに-hというオプションは存在しない。useraddコマンドでoracleユーザ作るときに/home/oracleディレクトリ(=ホームディレクトリ)作ってねということなので、この場合は-dをオプションにする。

○4.1 oracleデータベースのインストール
インストーラ文字化け。文字化けしたままでも俺は進むぜ!という猛者はそういないはずなので、おとなしく日本語化する。javaubuntuにインストールし、インストーラ起動時にインストールした方のjreを使うようにオプションをつける。以下参考(僕はubuntuなのでyumではなくapt-getで落としました)
abcmark2010.hatenablog.com

○4.1.12 製品のインストール
さて、ここまでくればあとは待つだけひゃっふー、、、とそうは問屋がおろしません。なんか色々とエラーが出てくるので、これを修正しながらでないとうまくインストールができません。ググったらQiitaのスーパー神記事を見つけました。
qiita.com

ここを参考にして該当箇所を修正→再試行を繰り返す。※間違って続行を押さないように。修正箇所を反映して進むなら再試行ですので。ボタン押すときは少し気をつけて。

○4.1.15 環境変数の設定
ubuntu16.04の場合は/home/oracle以下の.profileにを編集。編集する場所はディストリビューションによって違うのかな?

○4.2 DBCAによるデータベース作成
案の定また文字化けするので、oracleインストール時と同じようにオプションを付けてあげるとOK
まあここは詰まることはないかな。

○その後
データベース作成後は自動的にリスナーとか起動されてるのでいいんだけど、ログアウトとかしたあと、どうやって起動するんじゃ、ってあるので以下の通り。この際、ORACLE_SIDの設定とか違っているとエラーで怒られるので気をつけること。なお、ORACLE_SIDの一覧は「vim /etc/oratab」で見れる。
:といった形に表示されている。

・リスナーの起動
lsnctr start 'リスナー名'で起動可能
ちなみにリスナーのステータスはlsnctr status 'リスナー名'で停止はlsnctr stop 'リスナー名'
oracle起動
sqlplusにsysdbaとしてログイン(sqlplus username/password as sysdba)
アイドルインスタンスに接続されるのでその後startupコマンドでoracleやデータベースが起動
あとはSQLとか打ち放題。enterprise managerにも接続できるはず

■emctlがなぜかない件
oracleにはenterprise managerというwebの管理ツールがあるんだけど、何故か僕の環境にはこれがない。まぁdb起動すればwebの管理ツールにアクセスできるので問題ないけど・・・

買い物のときに店員に話しかけられるのが嫌なタイプ

なんですよ僕。
でも、コミュニケーション取るのが嫌ではなくて、必要なときは店員と話をしたいタイプです(めんどう・・・)

例えば、家電量販店とかでふと最近のPCとかスマートフォンってどんなのあるんだろうとか、気になって見に行きます。
単に見るだけではなくて実際に触ったり、重い軽いとかそういうのも調べます。
そういう客は購入一歩寸前くらいに見えるらしく、店員さんは声をよくかけてきます。

でもね、正直その辺の家電量販店の店員よりはずっと詳しい自信あるので、店員と話しても僕としては得をすることがないわけです。
あとたまに服を買いに行きますが、試着前後に店員に声かけられるパターン。これも嫌です。でもファッションに疎い僕は、どういう着合わせがいいかとかはわからないのでそういうときは店員さんに頼ったりします。

まぁ声かけることで店の利益や自分の成績に直結するので店員さんの気持ちはわからんでもないですけどね。

世の中僕みたいなタイプは割と多いみたいで、以下のようなサービスを提供している店もあります。
www.takashimaya.co.jp

こんなサービス、もっと増えるといいなって思います

「エンジニアが生き残るためのテクノロジーの授業」という本から学んだ当たり前に重要なこと

「エンジニアが生き残るためのテクノロジーの授業」という本を読んだ。

エンジニアが生き残るためのテクノロジーの授業

エンジニアが生き残るためのテクノロジーの授業

<本の内容(Amazon紹介から抜粋)>
ITエンジニアの必修科目を「ぎゅっ」と詰めました!
IT業界でずっと活躍するために知っておきたい7つの基本
【こんな人におすすめ】
・新人、若手エンジニアが知識の底上げをするために
・IT業界でのキャリアプランの参考に
・IT分野で働きたい学生が現場で困らないために
・IT企業に勤める非エンジニアの教養として

<自分が読んでみた感想>
上記の通り、ITエンジニアに必要な超基本的な知識が詰まっている。基本情報技術者試験の前段のレベルなので、人によっては簡単すぎる内容。ただ、この本の内容についてスラスラ言える人って案外少ないのでは?と思う。
何が言いたいかというと、やはり何にせよ基礎知識は重要である
IT技術、もっと大きく見るとコンピュータサイエンス分野は進歩が非常に早い。それ故「新しいものを取り込もの勝ち!」という風潮がなんとなくあるが、僕はそれは違うと思う。受験勉強やスポーツで、基礎がないまま応用を取り組み、中途半端に終わるのと一緒である。急がば回れで、こういう基本的な知識をちゃんと持つ。その上で技術を取捨選択し、課題解決やサービス提供を進めるべき。これからのITエンジニアはそういう立ち振舞をしていかなければならないのではなかろうか。そんなことを、この本を読んで感じた。

本のカバーにも「10年後でも通用する本物の力が身につく」と書いてある。この世界に身をおいている限り、たまに読み返して、基礎に立ち返る、そういうタイプの本だなぁとつくづく感じた。

<備忘録>gitの基本的な流れを図解してみた

<前提>
筆者はpull,clone,commit,add程度の知識しかありません。よって、説明不十分または知識なさのゆえに説明誤りがあるかもしれません。多少参考にする程度ならば良いですが、鵜呑みにもしないでください。筆者の備忘録程度のものと思ってください。

f:id:jun_ya2085:20170109230630j:plain

gitをゼロから勉強中。とりあえず、難しいことは抜きにして基本的には上みたいな感じかなと。

①現段階での最新をサーバのリモートリポジトリから自分のローカルリポジトリにpullする。
②自分の作業でcommitして良さげなものをステージするためにaddする。
③addした分について自分のローカルリポジトリを更新するためにcommitする。
④③をリモートリポジトリに反映するためにpushする。

多分①と②の間に別の人の作業を取り込むために何度かpullの作業がありそう。
②のステージだけど、これがないとcommitできない。addはファイル単位で実行する。こうすることで、commitするものを成果物単位でコントロールできる。例えば、自分が完了させたソースA、Bのうち、Bはまだ不安だからAだけcommitさせたいという場合、Bはとりあえずファイル保存までにとどめておいて、Aをadd→commitという具合なことができる。

まだまだ勉強することはたくさんありそうだけど、流れはわかった。